フォレスター 値引き

フォレスターの値引きを知る!

MENU

フォレスターの値引きのためのワン・ツー

フォレスターを値引きして購入するための補足

車は安い買い物ではありませんから、少しでも値引きしてもらいたいですね。

 

まずは候補となるお店を複数ピックアップしておいてから販売店に向かいましょう。

 

ほとんどのお店では愛想良く案内をしてくれるのですが、まれにだるそうに「売ってやってもいいよ」と言わんばかりの態度の店員しかいない場合があります。
この時点でその店舗はリストから外しましょう。
このようなディーラーは苦労せずとも車を売ることが出来るコネを持っているのです。
当然値引きなど期待はできませんので交渉も時間の無駄になります。

 

こちらに気付くなり、店内から飛び出してきて案内をしてくれるような営業マンでなければなりません。
特に新人営業マンはお得意さんがあまりいませんし、上司も何とかして実績を作ってやりたいと値引きに応じてくれる傾向がありますので、多少不慣れでも一生懸命に接客をしてくれる店員がおすすめです。
物の売り買いとはいえ人間対人間ですから、少し話して「この人から買いたい」と思える営業マンと交渉をしましょう。

 

まずは、「フォレスターの購入を検討している」と明確な希望を伝えます。
買う意志があるということをアピールしましょう。
そして、「××も検討している(他社の車種)」と言うのも効果的です。
ただあまりに露骨に値引きの為に他社での購入をちらつかせるのも考えものです。
あくまでも本当にフォレスターが欲しい、買う意志はあるということを強調しましょう。

 

買う意志を強調するためにも希望の車種についてはしっかりと下調べをして行きましょう。
オプションの種類もきちんとチェックしておけば、見積もりの時点で価格の折り合いがつけやすくなります。

 

見積もりを出してもらってから数日後に営業マンからの連絡があるはずです。
これは「購入してくれる」という見込みを持っているということですので、「値引きしてくれたら買いたい」と伝えましょう。
この時点で連絡がないようでしたら、特に営業せずとも売れる車ということですので値引きも期待できません。

 

「限界までお値引きしています」「上司に怒られちゃいます」等、営業マンも交渉のプロですので、色々な駆け引きをしてくるはずです。
また、決算フェアなどで「今ならこれだけお値引きできます」というのは実はあまりあてにならないようです。
値引き交渉が得意でない方ならば「そんなにお得なら今買っちゃおう」と納得してしまいますが、冷静に判断しましょう。

 

「購入の決定権は自分にあるのだけれど、妻がその金額では許してくれない」
と少し奥さんに少し悪者になってもらうのも方法の一つです。

 

車両そのものの値引きはこれ以上出来ないが、その代わりにオプションやコーティングをサービスする、という提案もありますので、あらかじめオプションの内容もきちんとチェックしておきましょう。

 

最終的には車両価格の10〜20パーセントほどの値引きを引き出せれば充分だと考えましょう。
フルモデルチェンジの前などであれば、さらに大幅な値引きが期待できます。

 

 

世代を受け継ぐスバル・フォレスター

私の父は車が大好きで良く小さい頃からドライブに連れて行ってもらっていました。
いろんな車に乗ったのを覚えています。
それこそ母に怒られるくらいの頻度で買い換えていました。
正直ファミリーで乗るにはちょっと?って言う車もありました。
とにかく車に関しては移り気で、新しいのを買って乗り回して2〜3年ほどで飽きたのかそれとも他の新型に目移りしたのか、とにかく買い換えてしまっていました。
所が、90年代後半でしょうか。
父がスバル・フォレスターの初代を買ってきました。
当時私は学生でもうすぐ卒業で忙しかったのですが、
「おーい、家族でドライブ行くぞ!」
って急に呼び出され迷惑していたのを覚えています。
母親と私を乗せ、父の運転でドライブに行きました。
驚いたのが、今まで父は正直あまり家族が乗って気持ちいいものではなく自分が運転して気持ちいいものばかり選んでいたのに、スバル・フォレスターは車内もなかなか広く、荷物もどんどんと乗せられてまさに
「家族にピッタリ!」
という感じでした。
母親も車内をぐるぐると見回して
「すごいじゃないの!次はあそこへ連れて行って!」

と今まであまりしなかったドライブや旅行のおねだりもするようになりました。
そんな母親の声にうなづきながら、満足そうに父は運転をしていました。
その後私も時間の合間を縫い、免許を取得しました。
さて、どの車にしましょうか?しかし最初は乗れればなんでもいいか。
と思って車選びは迷っていましたが、父が
「乗ってみるか?」
というので、ありがたく運転させてもらうことにしました。
運転席に乗ると、ハンドルが吸い付くように自分の手にピタッとはまったのを覚えています。
見た目は少しごついかな?ってイメージがスバル・フォレスターには正直あったのですが、その見た目とは裏腹にスムーズにハンドルは動き出しました。
正直、一発で魅了されてしまいました。
街中もスイスイ走れて母の買い物に付き合う時も、気持ちよく走れました。
遠出する時も山道をへこたれもせずに走ったときは、父がこれを選んだ気持ちが分かりました。
2〜3年ほどで車を買い換えてる父は、10年この車を乗りました。

 

父が年をとってしまって私が運転を主にするという状態にここ数年でなってしまいました。
私も家族ができたのでそこそこの広さが欲しい。
結婚後は妻の軽の車に乗っていましたが、それも手狭になってしまいました。
妻も運転するので街中もスイスイ行けるものが・・・と悩んでいたら、ハッと父のスバル・フォレスターを思い出しました。
あれと同じものを買うか!ってなったのですが、なにせ90年代後半に父が買った車。
「うーん中古かー。」
って考えていたら、ちょうどTVでCMが流れていました。
新型スバル・フォレスターのCM。
妻に相談し、すぐに一緒にディラーに見に行くことになりました。
何故かそこに父がついてきました。
せっかくだからということで、昔父が購入したディラーへ行くことにしました。
父が昔乗っていたことを告げたら、色々とおまけをしてくれました。
カーナビを割り引いてくれたり、ディラーの方々と父に感謝です。
乗ってみると、ピタッと手に吸い付くハンドルは昔そのまま。
燃費も良くなっているので、妻の機嫌は損ねずに済みました。
むしろその逆です。

妻も運転するのですが、運転席が広々としていて大満足とのことです。
また、坂道発進の時にグーッとアクセルを今まで踏み込まなきゃいけなかったのですが、この車の場合スーッと軽く踏めば坂道を登ってくれます。
買い物した荷物もたっぷりと入りますので、女性にも嬉しい車でした。
家族でドライブ行く時、妻に
「私にも運転させてよ!」
ってねだられる位になりました。
まさに、父から受け継いだスバル・フォレスター魂ということなのでしょうか?
まだまだながーい付き合いになりそうです。